MENU

2024.05.15

牛乳って体にいいの? 🆕

先日、小学校に通う息子から質問されました。
「お母さん、牛乳って体にいいの❓」
『給食は学校の栄養士さんが立てた献立で、バランス食の見本なんだよ、その中の牛乳だよ、体にいいものだよ!』ととっさに答えました。

そこで、乳製品について話してみようかなと思いましたので、お付き合いくださいwink

学校給食でも定番の牛乳🥛
メリットはカルシウム、タンパク質豊富であること、デメリットはカルシウムとマグネシウムのバランス比率が悪いことが挙げられます。
通常カルシウムCa:マグネシウムMgは2:1が理想的、
牛乳は10:1、ヨーグルトは20:1、チーズは30:1とマグネシウムが少なすぎるんです。
カルシウムを摂っても、マグネシウムが不足してしまうとカルシウムを使うことができず、身体中のマグネシウムを集めてくることになるため、身体の中ではマグネシウム不足に陥ってしまいます。
これが長期間続くと
心臓に負担をかけたり、神経伝達物質が産生できなくなったり、筋肉が硬直・痙攣しやすくなり、足がつったり、瞼がピクピク痙攣したりと、様々な原因になってしまうことがあります。。また生理痛の悪化や、糖代謝にもマグネシウムは関わるため甘いもの欲が止まらないこともあります💦
なのでカルシウム摂る時は、しっかりマグネシウムも意識して摂るようにしてくださいね😃

成長期の子供は骨代謝が活発な時期でもあるので、マグネシウム必要量も増えます、運動されている場合は➕αです。子供さんのことを想いマグネシウム食材を意識的に取り入れてあげていただけると良いと思います❤️

食べていけないものはないです❗️
よく食べているものとどう向き合っていくかに意識を向けてみることが大切だと思っています😃

🥛管理栄養士